東大受験勉強法

現役東大生が教える具体的教科別攻略法

教科別東大受験勉強法・文系受験生向け各科目別の試験対策と勉強法を解説するコーナーです。項目名クリックで内容表示

英語

世界史

日本史

地理

文系数学

現代文

古文

漢文

日本史の勉強法も、基本は教科書+「よく出る日本史一問一答」で通史の学習で しょう。

ただ、日本史が退屈、あるいは、不慣れと感じた場合、何か「日本史の読み物」 をざっと先に読んでしまうのもいいかもしれません。

「日本史の読み物」ってのはまあ、日本史早分かり書みたいなもので、本屋にお いてある「石川の日本史実況中継」とか「超速日本史」とかのことです。

そういうのを1週間でざっと読んでしまってから教科書でがっつりやるのもいいか もしれない。

教科書学習で、いつの時期にどこら辺を学習したかいいかを考えましたので参考に して下さい。

  1. 月―――律令国家の形成〜平家没落(古代)
  2. 月―――古代+鎌倉〜戦国時代(中世)
  3. 月―――中世+豊臣秀吉〜江戸時代中期
  4. 月―――(予備+総復習)
  5. 月―――江戸時代中期〜大政奉還、明治維新
  6. 月―――明治政府〜第一次世界大戦
  7. 月―――第一次世界大戦〜終戦

古代・中世・近世は特に『理解』が大切だよ。 で、近代は、もちろん『理解』も非常に大切なんだけど、『暗記』の部分も結 構大きいので時間はかかると思う。

とりあえず、石器時代・縄文・ 弥生は出題される確率はきわめて低いので飛ばしていいです! ヤマト政権あたりから勉強をはじめましょう。

俺の友達で、世界史・日本史とって、日本史の勉強が間に合わなかったのに合格 した人もいるけど、とてもリスキーなので、とにかく通史の勉強は早くやり始め る必要があります。

世界史・日本史の勉強の流れの一例。

教科書理解・資料集で補強→教科書音読→用語・知識の暗記→論述訓練

混乱したら時代ごとのまとめをしてみましょう。 古代や中世は量が少なくて案外あっさりいくものですが、近世や近代となると、いろいろな方向に話が膨らんでいて量がハンパなく増えます。近世は特に力のいれどころです。がんばってください。

2009-©東大入試研究会(http://www.todai.in/) All Rights Reserved.