東大受験勉強法

現役東大生が教える具体的教科別攻略法

教科別東大受験勉強法・文系受験生向け各科目別の試験対策と勉強法を解説するコーナーです。項目名クリックで内容表示

英語

世界史

日本史

地理

文系数学

現代文

古文

漢文

●日本史・世界史共通

東大文系では地歴が重要なんで、進みが芳しくなかったら、夏休みを利用して地歴 ふたつの教科を急ピッチで追い上げて見ましょう!!

世界史・日本史は暗記量膨大だから非常に焦っている感じがするかもしれない。 いかんせん、量が多いし、俺自身の体験もあるので気持ちは非常に理解できます 。 俺の場合、直前期まで大正時代があやふやで昭和史が無勉だったから「やばい、 やばい」と連呼していた。

ではどうすればいいのかというと、俺の経験からすると、世界史・日本史の勉強 の基本スタンスとしては、とにかく『重要なところ』を『繰り返す』こと、だ。

例えば、勉強の方法で選択肢が二つある場合、どちらをやった方がいいか??

  • A.ある範囲を勉強する時、一時間かけて『じっくり』最初から最後まで『一回』 、理解し、暗記する。
  • B.ある範囲を勉強する時、一時間かけて『おおざっぱ』に最初から最後まで『3 回』、理解し、暗記する。

『繰り返す』ことを基本スタンスにしたならばbの方法でやった方がいい。 ではどうして『繰り返す』ことを基本スタンスにした方がいいのだろうか??

人間、基本的に忘れる動物で、1日もすればたいていのことは忘れる。 しかし、受験生にとってそれは困るので対策したい。

その場合、経験的にも脳科学的にも、繰り返すことが最も暗記において重要なこ とだということがわかっている。

だから受験生の場合、教科書を繰り返し音読したり、一問一答集を何回も繰り返 して用語を完璧にしたい。

あと、暗記において重要なのは、「理解」と「集中」だ。 「理解」というのは、覚えていることの意味を知っていること。

例えば、「名誉革命」という用語を覚えたい時、記号的に「名」「誉」「革」「 命」と覚えるのではなく、名誉革命は、17世紀にイギリスで起きた無血クーデタ ーという意味をつけておけば、この用語は案外、簡単に覚えることができる。

一方で論述は気になるとは思うけど、知識をしっかり定着させることの方が大事 !

夏休みを利用してどんどん知識を入れていきましょう!! 日本史の目標としては、黒船来航まで終わらせよう!つまり、古代・中世・近世 で、2学期は近代に集中する。 世界史は、目標としてフランス革命前までの知識を絶対確実にしたい。

大丈夫、夏休みは長いから、きっといけるはず!!!!

2009-©東大入試研究会(http://www.todai.in/) All Rights Reserved.